スタッフM・Nの日記

尊敬訂正

週末は、お休みをいただいて友人と食事。イタリアンのお店へ行きました。その友人とは一年ぶりぐらいに会うので、喋る、喋る、食べる、食べる、飲む、飲むで、女の子同士だと、どうしてもこの繰り返しになってしまいます。気がつけば、ワイン一本を空けてしまい、二人は単なる酔っ払いに…。たまにはいいですよね?
友人は某大手企業へ派遣されてOLをしていますが、話を聞くと人間関係や残業など大変そうで、私には到底勤まりそうもないなあ、やっぱウチで良かったなあ…、なんて思ったりしてしまいました。
大手企業と比べれば、働く環境や給料など当然違いはありますが、ウチはあんまり面倒なことがないというか、自由というか、いい意味で適当というか…、余計なストレスもなく、働きやすい…こういう雰囲気は結局、店主が作っているのだと思い、ふと店主の方を見ますと、真剣な顔をしてパソコンに向かっています。古本の知識以外で尊敬する面もあるのだなあ…、…あ、ああ? 真面目にキーボードを打っていると思ったら、カチカチと知恵の輪をやっているではありませんか。今時いい大人が知恵の輪をやっているなんて…。しかも、さっきから五分ぐらい経過しているのに、未だに外せてない…(汗)尊敬は訂正します(怒)

-スタッフM・Nの日記